君に幸あれ!愛を叫べ

愛しきアイドルたちよ、幸せであれ

それでも大好きなあなたへ。

 

ああもう!!!!好きだバーーーーーカ!!!!!

 

もうさ!!!!正直この約2日間すんげーーー泣いたんだわ!!!!!私ってこんなに泣けるんだ!?ってくらい、わんわん泣いたんだわ!!!!昨日なんて人目も憚らず鼻水すすりながら、ぼったぼた大粒の涙垂らしながら、アスファルト踏み鳴らしながら帰ってきたんだわ!!!!どうも!!不審者です!!!!

 

 

だってすごくこわかった。私が愛してやまないNEWSの未来は、もう描くことができないんじゃないかな、とか。やっと叶えたはずの4合わせを、手放してしまうことになるんじゃないかな、とか。いつかの加藤さんの挨拶じゃないけど、もしかしたら人生最後のライブは終わってしまったんじゃないかな、とか。

なんだか嫌な予感がすごくして、らしくもないツイートをしては、この嫌な予感が現実にならなければいいのに、なんて都合の良いことを考えたりして。

 

こわくてこわくて仕方がなくて、目をそらしたくてたまらないけど、ちゃんと真っ直ぐ見つめていたくて。そんなぐちゃぐちゃで訳の分からない感情や気持ちにどうケリをつけたらいいのか、私は今何を考えているのか、自分でもよくわからなかったけれど、たったひとつだけ確固たる自信を持って言えることがあることに気がついた。

 

私はどうしたってNEWSが、小山さんが、増田さんが、加藤さんが、手越さんが大好きなんだよ。

 

こんなこと言ったら、バカだって笑われるのかな。これだから盲目的なファンは、って冷ややかな目で見られるのかな。甘いんだよ、って怒られるのかな。何も知らない人からは、NEWSのどこがそんなにいいの?って言われるんだろうな。

 

 

うっせーーーうっせーーー!!!!!NEWSが今までどれだけファンを幸せにしてくれたか、そうやって言う人は知らないんでしょう!? 悪いニュースだけが瞬く間に世に出回るこの世界だから仕方がないのことなのかもしれないけれど、あなたが知ってる "つもり" のNEWSはほんの一部分、側面中の側面でしかないんだよって大声で叫びたい。この機会にNEWSの良いところを卒論もびっくりな文字数で語ってやろうかとも思ったけどさ。好きだから、大好きだから、今回は違う形で愛を叫ぶことにした。

 

私たちファンは、少なくとも私は、NEWSに出会えてとても幸せだったよ。そしてこれからも幸せになるつもりでいるよ。一緒に幸せになることを諦めてないよ。諦めてたまるもんか。必ずHAPPY ENDINGにするからこれからもついてきてって言ってくれたのは他の誰でもない、NEWSなんだよ。

私はNEWSに出会って初めて、「アイドルに愛される」という嘘みたいな幸せを知った。「アイドルと両想いでいられる」なんて妄想じみた現実があるんだってこと、NEWSに出会って初めて知ったの。こんなアイドルがいたんだなって。ちょっと恥ずかしかったけれど、NEWSがファンのことを見つめる目がいつも優しくてあたたかいこと、愛されていると実感できること、それを言葉にして伝えてくれること。自惚れでも何でもなく、ファンのことが大好きなんだと思えるNEWSが大好きなの。

 

 

だから悔しかった。悲しかった。どうしてなのって思った。それはまるで、私たちファンがとても大事にしてたはずの宝物を、NEWSに「別にたいしたものじゃないよ」「そんなのただのガラクタだよ」って言われたような気分だった。

これは完全に私の主観でしかないけれど。

アイドルは所詮偶像崇拝だから、"いつも応援してるアイドル像"が本当の姿なのかはご本人にしか分からないけど、アイドルはそれでいい。それがいい。ああでもないこうでもないって言ってる時間がオタクは幸せなんだ。だから自分が崇拝しているその "像" と違って見えたから、裏切られたような気がした、とかじゃない。同じ方向を見ていると信じていたのは私だけだったのかなって思ってしまったんだよ。

 

 

 

 

 

ねぇ、小山さん。

 

NEWSが4人になった時、一部界隈からは望まれてないことを痛いくらい感じていながらも、「俺にはNEWSしかないから」って、NEWSを残すために、守るために、必死で奔走したのは他でもないあなたじゃない。

 

天を仰ぎながら祈るようにマイクを握って『ごめんね。もう二度と泣かさない。』って歌ったのは他でもないあなたじゃない。

 

メンバーのことが大好きで「3人が楽しく仕事してくれるのが1番幸せ」って優しい顔をして笑っていたのは他でもないあなたじゃない。

 

 

好きだバーーーーーカ!!!!!どうしたって小山さんのことが大好きなんだよ!!!嫌いになんて絶対なれないの!!!だから苦しいの!!!!これは良い機会だと思って、逃げずにちゃんと自分の弱さと向き合ってよね!!!そのまま都合よくフェードアウト、なんて絶対許さないから!!!惨めだろうが情けなかろうが合わせる顔がなかろうが、必ずステージに戻ってきて。私たちファンのこと、いつもみたいに盛り上げてよ。待ってるから。待っててほしくないのかもしれないけれど、私はずっと待ってるから。

 

 

 

 

 

ねぇ、加藤さん。

 

私は加藤さんのことがどうしようもなく好きだけれど、あなたのことを天才だと思ったことは一度もないよ。

でも、"努力を続ける天才"だと思う。夢に向かって、妥協せずに一途に努力を続ける人。そういう"強さ"がとても好きだったりするんだ。

「何もできないポンコツでごめん」って思ってメンバーの背中を見つめることしかできなかった加藤成亮が、今たくさんの仕事を抱えてる。それは約束された未来じゃなかったはず。報われない過去も全て抱きしめて、糧にして、加藤シゲアキが自分で掴み取った未来が今なんだよね。

だから、そんな"未来"が奪われてしまうんじゃないか、喉から手が出るほど欲しかった「主演:加藤シゲアキ」という文字が踊るドラマが、幻で終わってしまうんじゃないか、そう思うと涙が止まらなかった。「あんなに仕事を大事にしてたんじゃないの!?」って胸ぐら掴んで問い詰めてやりたいと思うくらいには、腹が立つのと同時にとても悲しかった。

 

 

矛盾するようなことを言ってしまうけれど、加藤さんが「厳重注意」という処分にとどまったこと、正直言うとあまり納得いってない。自担だからそれで済んで良かった〜♡なんて到底思えないよ。「小山さんに連れてこられた"だけ"」「加藤さんは何も悪いことしてない」って言ってる人を多く見かけたけど、私からしたら、その場に居合わせたくせに何のアクションも起こさなかったんだから同罪だと思ってる。見て見ぬふりは同じ罪に問われても当然だよ。

それでも、「活動自粛」までには至らないからメディアに出続けて、いいように晒されて、踊らされて、心無いことを言われる辛さや苦しさは、私たちファンには計り知れないものなんだろうな。そんな時、そばで寄り添ってあげられるのもまたファンなんだよね。ファンって本当に勝手だよね。数時間後に生出演されるであろうビビットのことを考えると、本当に胸が痛いです。

どうかこの先も、加藤さんが加藤さんらしくいられますように。たくさんの人の思いや願いが詰まったドラマが、手放しで楽しめるものになりますように。

 

 

 

 

ねぇ、NEWS。

 

必ず4人で帰ってくると約束して。

誰が欠けてもだめなんだよ。NEWSは4人揃って初めて、オンリーワンでナンバーワンなんだから。

 

 

また幸せにしてくれるんでしょう?

今までもらった、抱えきれない程のたくさんの愛でしばらくは生きていけると思うから。今はちょっとだけ我慢するね。

 

 

私はまだ、NEWSと一緒に夢を見たいよ。

NEWSの夢がひとつでも多く叶えられるように、背中を押させてよ。

夢が叶うその瞬間を近くで見届けて、一緒に喜びたいよ。

 

 

 

 

「おかえりなさい」と、笑顔で再会出来る日を願って。