君に幸あれ!愛を叫べ

愛しきアイドルたちよ、幸せであれ

NEWSとディズニーデートをしてみた。

こんにちは。先日、クソ寒い日だったにも関わらずミニスカートにシゲ担らしく40デニールのうっすいタイツ履いてアフ6ディズニーをキメてきたらんねです。(ただのアホ)

ディズニー自体は8月ぶりだったのですが、その時は夢と魔法の王国:ディズニーランドに行ったので、今回は冒険とイマジネーションの海:ディズニーシーに行って参りました!

そしたらまぁ当然そうなるよね!!!!脳内でNEWSとディズニーデート繰り広げたよね。そんな楽しすぎる妄想かましてたら待ち時間も全く苦じゃなかったよ☆☆☆ 周りのカップルを羨む暇もなくそんなことばっかり考えてたよ☆☆☆ 寒い夜はただでさえ豊かな妄想力がよりはかどっちゃうから困っちゃうよね☆☆☆ 

ってことで、そんな残念すぎる私の妄想100%の、NEWSとのディズニーデートをお届けします。

 f:id:ranne0915:20171214194953j:image

 

 

 

 

小山慶一郎の場合

every.終わり、汐留帰りのスーツ姿の小山さんとアフ6したい。って最初は思ってたけど、アフ6ってあっという間じゃないですか。人気のアトラクションだったらせいぜい3つ4つ乗れるか乗れないかくらいじゃないですか。そんなのやだ!1日中小山さんとラブラブデートがしたい!という私の勝手すぎる我儘により、アフ6デートは断念しました。ごめんね小山さん。1日私に付き合ってやってくれ。

まず朝は私の家まで車で迎えに来てくれる。「おはよ〜今日寒いね!いつものやつ買っておいたよ。」と言いながら、私が愛してやまない目が覚めるほど苦いブラックコーヒーを助手席に乗り込んだ私に渡してくれる。対する小山さんはあまーいロイヤルミルクティー。普通逆だよなぁ、私可愛げないなぁと思いつつも、まずはドライブデートを楽しむ。行き先は夢と魔法の王国:ディズニーランド。

 

小山さんが事前にチケットを用意しておいてくれたおかげで、スムーズに入園。ここで忘れてはいけない重要な問題はそう、カチューシャは何を装備させるか問題。たぶん小山さんはノリノリで装着してくれるので、選びがいがある。散々悩んだ挙句、ド定番のソーサラーミッキー・ミニーカチューシャに落ち着く。小山さんがミニーで私がミッキーのカチューシャを装着したいのは完全に私の性癖です。小山さんには絶対ミニーちゃんが似合うと思うの。

f:id:ranne0915:20171214194828j:image

カチューシャも装着してすっかり気分はディズニーモード。足取り軽く最初のアトラクションに行こうとするも、「待って待って!せっかくだから写真撮ろうよ!」と小山さんに促され、シンデレラ城をバックに写真を撮る。しっかり盛れるアプリを駆使してくれる小山さん、さすがよくわかってる。私より小山さんの方が盛れてるという悲しき点については目をつぶっておく。

 

優しい小山さんはガンガンアトラクションに乗りたい派の私に付き合ってくれる。3大マウンテンにはささやかな抵抗をされるも「大丈夫!こわくないよ!ちょっと落ちるだけだよ!」という説得力のかけらもない私の言葉を信じてくれる。スプラッシュマウンテンでは笑顔の私と可愛く怯えている小山さん、という図が写真に収められていて「ええ〜それ買うの〜?(><)」という小山さんを無視して、この写真は家宝にすることをそっと心に決めて購入する。

待ち時間も、絶妙な相づちを打ちながら私のくだらない話を聞いてくれる小山さん。「この間友達がね…」っていう小山さんにとっては面識ゼロの人の話でも「うんうん。それで?」ってにこにこしながら楽しそうに聞いてくれるので、軽率に調子に乗って話し続ける。ちなみに手はしっかり繋いでいて、小山さんのお高そうなキャメル色のロングコートのポケットの中にインしてますね。最高かよ。  

 

お腹が空いて、ずっと私のやりたいことに付き合わせてしまっていたので、やっと小山さんのターンに。当然スイーツを食べたいと言い出す。期間限定のスペシャルクレープ ストロベリー&クランベリーにテンション上がって「ねぇ見て、すごいかわいい!食べるのもったいないね〜」って言いつつペロリとたいらげる小山さんをずっと見ていたい。食べてる途中で「食べる?」と聞いてくれる、あーん受け入れ体勢ばっちりな小山さんにはしっかり甘えます。

 

ホーンテッドマンションでは、場面ごとにいちいちビビりまくる可愛い小山さんが見られるので至高。絶対乗るよね。終始「暗いよ〜オバケやだよ〜(><)」って隣で呟いてる小山さんがむちゃくちゃ可愛いので、どうにかして最高画質でBlu-rayに焼いて永久保存版にしたい。座席の後ろのスピーカーから流れる案内人の声にすらビクってなる小山さんください。あ、フィルハーマジックの3D感にびっくりする小山さんも詰め合わせでお願いします。

 

朝からはしゃいでしまったので、夜は大人しくパレードやショーを観る。今の時期ならディズニー・ギフト・オブ・クリスマスがいいかな〜!でも小山さんとなら、どんなパレードでもショーでも最高のひと時を過ごすことができると確信してる。だって絶対雰囲気つくるの上手いもん。昼間はあんなに可愛い小山さんだったのに、夜になると途端に大人の男の顔になるからズルい。好き。帰り際、メンバーへのお土産を忘れない小山さんはもっと好き。

 

帰りはきちんと家まで送り届けてくれて、「今日は楽しかったよ!今度はシーに行こうね(^^)」的なLINEがくるので、アフターケアもばっちり。よくできた彼氏すぎて泣きそう。

 

 

結論:最高に楽しくて最高に幸せなディズニーデートができる。

 

 

 

 

増田貴久の場合

昨日の夜は増田さんの家で2人で夜ふかししちゃった♡という設定なので、お昼くらいから入園できればいいよね〜というテンションで2人でゆっくり朝ごはん食べてのんびり向かう。大きめかつゴツめなサングラスかけて、コーヒー片手に運転してる姿が爆イケなたかぴー(初めて呼んだけど)を助手席から眺めたい欲がすごいので、車で行きたい説が強い。でも普通に2人で並んで電車の座席に座ってうっかり寝てしまった私にそっと肩を貸してくれて、私の(残念な)寝顔を優しく見つめるたかぴーも尊いので今回は電車で向かうことにする。行き先は冒険とイマジネーションの海:ディスニーシー。

 

舞浜駅に着いて、リゾートラインに乗り換えたら「すげー!つり革がミッキーだー!」って新鮮に驚いてくれる。はいもう楽しい。入園しても「すげー!地球まわってるー!」「すげー!火山でっけー!」ってワンパターンのリアクションしてくれる増田さんに、何のカチューシャを装備させるか問題。本当は私がチップ・増田さんがデールの王道カチューシャとかを装着してほしいけど、たぶんそんな普通に可愛いデザインのカチューシャは装着してくれない(泣) 「これかわいいじゃん、これにしよ!」という増田さんの鶴の一声により、結果増田さんセレクトの個性派キャップを装着することになる。もはやカチューシャじゃない。癖がすごいんじゃ〜〜〜!!!(cv.千鳥ノブ)

※参考画像

f:id:ranne0915:20171215144511j:image

増田さんのとんでもないイケメンオーラに加えて、個性派キャップをかぶってるせいもあって、周りの方々の視線を一身に浴びてるのを感じつつ、最初に乗るアトラクションを決める。「ねぇねぇ何乗る〜?」とテンション高くうきうき聞いた私に、ちょっと笑いながら「お前が乗りたいやつでいいよ。」って言ってくるやっぱり爆イケなたかぴー大好き抱いて。(突然の発作) 

 

突如繰り出された爆イケなたかぴーに思考回路停止して、とりあえずタワテラに乗って違うドキドキを味わって落ち着こうとする。がしかし、たかぴーは並んでる間も終始爆イケなのでもうずっとドキがムネムネするハメになる。「寒いね〜」と手をすり合わせた私の手を無言で奪って、あのゴツゴツした男らしすぎる手とこんにちはする。「ほんとだ、すげえ冷えてんじゃん(笑)」と言いつつ、私の冷えた手をギュって握ってくれるんだけど、たかぴーがつけてるいかつい指輪も同じくらい冷えてるの。「たかくんも冷たいじゃん!(笑)」ってからかったら「うるせーな(笑)」って肩を押されてナチュラルにいちゃつくことができる。はぁほんと好きすぎて困る。

 

増田さんはとにかく燃費が悪いので、ことあるごとにフード屋台のお世話になる。入園してすぐポークライスロールを食べたかと思ったら今度はうきわまんぱくついてるし。1番のお気に入りはもちろんギョウザドッグ「なにこれうめー!」って目を輝かかせながら美味しそうに食べてる増田さんを見てたら、私もお腹が空いて同じペースで食べることになって、家に帰ってまぁびっくり、見事に太ってる。増田さんは変わりないのに。運動量は同じはずなのに…解せぬ。

骨付きソーセージを食べてる時には「ビール飲みたい!」って言い出したので、ビールを買って昼間から2人で乾杯する。ごくごくと喉を鳴らしながらグラスを傾ける増田さんの喉仏に見惚れるのはまぁ必然ですよね。要するにディズニーシーで増田さんとお酒飲みたすぎるよね。

 

そして私的増田さんと乗りたいアトラクションNo.1はフランダーのフライングフィッシュコースター。え、それ!?と思われた方も少なくないでしょう。でもよく考えてみてください。あのせまい座席に増田さんとおさまるってやばすぎません???女子2人で乗ってもなかなかの圧迫感なのに、それをあの天下の魅惑のイケBODYを纏う増田さんと乗るってもう死亡確定じゃないですか????肩とか足とか当たっちゃって、ジェットコースターと共にドキドキが加速すること間違いなし。(うまいこと言ったつもり)

 

帰り道は、自分の家に帰ろうと違う路線に乗り換えようとした私を「待って、帰るとこ違くない?」とイケボで誘い、まっすぐ見つめられて、気がついたらいつのまにか手を引かれてて、結果増田さんのお家に仲良く帰ることになる。わたし超絶チョロい。

 

 

結論:ドキドキ感満載の大人なディズニーデートができる。

 

 

 

 

手越祐也の場合

ディズニーで数々の目撃情報もあがっていることから、たぶん行き慣れてる。「前来た時はディズニーTシャツに黒パンツに白スニーカー履いておそろコーデしたんだよね〜!」と楽しそうに語る手越さんに元カノの影を感じつつ、無駄に対抗して私もおそろコーデに挑戦する。普段絶対やらないけど、そこはディズニーマジックに助けてもらおう。

手越さんのことだから「朝は迎えに行くよ!」って言ってくれると思うけど、あのド派手なランボルギーニに乗る自信は皆無なので現地集合を懇願する。ごく普通の一般市民でキラキラ女子大生とは程遠い私にあの車はドルハーが高すぎる。葛西臨海公園の観覧車を横目に、大人しく京葉線に揺られて向かいます。行き先は夢と魔法の王国:ディズニーランド。

 

舞浜駅に着き、改札を出てキョロキョロしていたら、後ろからかけられた「わっっっ!!」という声と共に愛しのダーリン祐くんがご登場。突然の後ろからのご登場に「びっくりした??(笑)」と確信犯的にたずねてくる手越さん。そりゃびっくりしたよ。空から舞い降りた天使かと思ったよ。

 

手を繋いで入園することは手越さんの中ではマナーらしいので、朝からフルスロットルでラブラブすることになる。甘い。さぁそして恒例のお時間です、カチューシャは何を装備させるか問題。手越さんもノリノリで装着してくれると思うので、しかもどんなカチューシャでも抜群にお似合いになると思うので、本当に悩ましい。ものすごく悩んだ結果、手越さんがダッフィー・私がシェリーメイのカチューシャをセレクト。来てるのディズニーランドだけど!!!!シーじゃないけど!!!

f:id:ranne0915:20171216105734j:image

うわあ可愛い。こんなTHEふわふわ系女子♡みたいなキラキラしたカチューシャなんて、手越さんと一緒じゃないと私は装着できない。でも手越さんのためだから、手越さん絶対こういうカチューシャしてる女子好きだから、ガンバル。ガンバルヨ、ワタシ。

 

バズ・ライトイヤーのアストロブラスタでは、点数を競い合うのでガチで勝負することになる。きゃあきゃあ言いながら勝負して、途中手越さんの可愛い邪魔が入るも結果は見事私の勝利。「くそ〜負けた〜!!」って悔しそうにしてるけど、私は知ってる。手加減して私を勝たせてくれたことを。手越さんの優しさを一身に感じられて、愛されてるなぁと実感できる。ありがとうね、遠慮なく勝たせて頂きました。(無類のゲーマー)

休憩がてらイッツ・ア・スモールワールドに乗ると手越節が炸裂する。「やっぱりさ、世界っていうのはこうであるべきだと思うわけ。日本人は小さいこと気にしすぎだよ!海外行ってごらん?全然人種の違う人達が一緒に働いてたり、年齢なんて関係なくタメ口で仲良く遊んだりしてるからね?本来このアトラクションのようであるべきだよな〜」かなんとか言い始める。若干めんどくさい臭がするので適当にあしらうことにする。

待ち時間は手越さん発案古今東西:お互いの好きなところ」ゲームをして、並んでいる前後のみなさんにもれなくウザがられる。ごめんなさい許してください、うちのダーリンそういうのあんまり気にしない人なんです。感覚がイタリア人男性なんです。ゲーム後半「優しい」という既出ワードを言ってしまった私に「ブッブー!!それさっきもう言いましたー!」てどこか嬉しそうな手越さん。てっきり「俺の好きなところそれだけしかないのっ?」ってプンプンされるかと思ってたので、拍子抜けする。でもその後「ゲームに負けた人にはおしおきか罰ゲーム与えなきゃね」とニヤニヤしてる手越さんがいるからこわい。そうか、それが狙いだったのかと先ほどのリアクションにもこれで納得。一体何をされるんだろうか。

「帰りは何がなんでも絶対送っていくから!」という手越さんには逆らえず、あのド派手なお車に足を踏み入れることになる。全然落ち着かなかったけど、きちんと家の前まで送り届けてくれて、やすみのキスしてよ」と言われる。それがさっきのゲームに負けた罰ゲームなんだからって。やらなきゃ絶対に帰ってくれなさそうだったので、大人しく罰ゲームを実行する。満足気な手越さん。送ってくれてありがとう、気をつけて帰ってね。

 

 

結論:THE♡ラブラブいちゃいちゃディズニーデートができる。

 

 

 

 

 

加藤シゲアキの場合

そもそも行ってくれない。

おかしいな〜愛してやまないはずの自担様なのに。加藤さんとディズニーに行ってる自分が微塵も想像できなくて笑う。だってたぶん「ディズニー??人多いしこの時期寒いしクリスマスシーズンだし周りカップルだらけじゃん?その中にわざわざ突入するの?7400円もかけて?それだけあれば映画約5回観れるじゃん?」とかなんとか理責めされて論破される気がする。悲しい。

でもなんだかんだ言いつつ加藤さんは優しいので、きっと行ってくれるはず!ただしアフ6で。アフ6でもなんでもいいですありがとうございます。なんかランドの方がそれっぽいから嫌だという、わかるようなわからないような加藤さんの要望により、行き先は冒険とイマジネーションの海:ディズニーシーに決定。

 

加藤さんが車を出してくれるというので、お昼前くらいに加藤さんが家まで迎えに来てくれる。集合がアフ6にしては早いのは、イクスピアリで映画を観てから行こうという私の提案にのってくれたからです。だってせっかくのお休みなんだから、少しでも長く加藤さんと一緒にいたいじゃないですか。アフ6だけなんて言わせない♡ 加藤さんが観たいって言ってた映画が上映されることは確認済み。

道中は加藤さんセレクトのなんだかオシャレな音楽が車内に響きわたる。アーティストさんについてやこの曲の素晴らしさを熱弁してくれるのを、にこにこしながら聞いていたい。至福。

 

イクスピアリで映画観賞して、かるーくごはんを食べて、いざ冒険とイマジネーションの海へ!「ほんとに行くの?(笑)」って絶対言うと思うけど、こっちはそれどころじゃないよね。加藤さんに何のカチューシャを装備させるか問題、そもそもカチューシャしてくれない問題勃発してるから。おソロでカチューシャなんてマジで嫌だほんと勘弁して(笑)」って絶対言うと思うけど絶対似合うと思うの、オズワルドのカチューシャ。

f:id:ranne0915:20171216121154j:image

耳部分は自由に折り曲げられるので、2人で仲良く耳をぴょこんとさせる。すでに心底嫌そうな加藤さん見てるの飽きないね♡(最低)

なんやかんやでやっと入園。入園するまでが長すぎるすでにファストパスの発券が終了していると知った加藤さんはMAP片手に「奥の方から攻めて、閉園と共に入口の方に戻ってくる方が効率良くねぇ?」と言い出す。その意見には異論はないので大人しく加藤さんについてく。

 

並んでる時間はイクスピアリで観た映画や最近観た映画についてアツく語り合うので、待ち時間はあっという間に過ぎる。ただ、加藤さんの両手がずっとコートのポケットにインしてるのが若干さびしいけど、これ以上の我儘は言えないので我慢する。でも加藤さんは察し能力が異常に高いので、会話が途切れたふとした瞬間に「しょーがねーなー」と言いつつ私の手を握ってくれる。ちなみに私は加藤さんとは恋人繋ぎではなく、シェイクハンド繋ぎをしたい派です。(聞いてない)

 

センター・オブ・ジ・アースに乗った時には、アトラクション序盤両脇に生えてる?鉱石的なのを見て『耳をすませば』の雫が書いた物語を思い出してしまって「耳をすませばを観たくなった。」というなんとも可愛げのない感想を述べた私(実話です)。そんな私を加藤さんは「ほんとそういうとこだよな(笑)【訳:ほんとそういうとこ好きだわ】って笑うの。優しい加藤さんは家に帰ったら一緒に観ようなって言ってくれたよ。

 

歩き回ってお腹が減ってしまったので、夜も遅いのにポップコーンが食べたいと言い出す私。「太んぞ(笑)」「いいもんもう太ってるから!」っていうくだらないやりとりをしつつも、私が買ったハーブトマト味のポップコーンに興味を示す加藤さん。ひょいと手を伸ばして何粒か口に運んで「お、意外とうまい。」って言ってるけど。私は見逃さなかったぞ。ぽろっと地面に落とした2粒のポップコーンを。相変わらず手元が緩い。

途中見つけたホットワインに心を奪われる加藤さん。でも車で来たから飲めない加藤さん。私に運転させる訳にはいかない、でも飲みたいと葛藤する加藤さん。結果飲むことを諦める加藤さん。可愛い。

 

帰り際ボソッと「案外楽しかったわ。」と呟いた加藤さんの一言を聞き逃さず「じゃあ今度は朝から来ようね!」って提案したら「おソロカチューシャはもう勘弁して(笑)」って言われたけど、それってディズニーに来ること自体はOKってことだよね??最初は色々言ってたけど、結果的には楽しんでくれたみたいでよかった~!帰り道『耳をすませば』を借りるために、レンタルビデオ店に寄るのを忘れない加藤さんはやっぱり優しい。

 

 

結論:なんだかんだで楽しいアフ6ディズニーデートができる。

 

 

 

 

 

は〜〜〜楽しかった!!!!

本当はミート・ミッキーではしゃぐ小山さんとか、ヴェネチィアン・ゴンドラに揺られる増田さんとか、スティッチ・エンカウンターでスティッチにイジられる手越さんとか、ニモ&フレンズ・シーライダーでリアル魚の知識を披露する加藤さんとかも捨てがたかったけど、ただでさえハンパない文字数がとんでもないことになりそうだったので泣く泣く諦めました。

 

くだらない私の妄想にここまでお付き合いくださった方、ありがとうございました!

 

 

みなさんはどのメンバーとディズニーデートがしたいですか????